月別アーカイブ: 2016年5月

H邸リフォーム現場-7(アイランドキッチン設置)

H邸のアイランドキッチンが設置されました。

白いモザイクタイル貼りのキッチン本体に、ケヤキ一枚板のダイニングテーブルを組み合わせて一体にした形になる予定です。家具屋さんがキッチンを床に固定し、そこにダイニングテーブルを取付けしました。キッチン製作・取付けは高見創作室さんです。モザイクタイルは後日貼られます。

設置の様子をコマ撮り動画で記録してみました。

ダイニングテーブルのケヤキ一枚板の裏面には、材木屋さんに反り止めを入れてもらいました。無垢板の存在感は魅力的ですが、人工的に温度や湿度がコントロールされる室内では、時間が経つと反ることがあります。材がしっかりと乾燥されていれば反りは少なく、このケヤキも乾燥は十分なのですが、板をL字型に加工していることもあり、念のために反り止めを入れています。またキッチン本体にしっかりと緊結することでも反りを抑えるようにしています。重厚感のある一枚板に、脚を片側にしか付けず、キッチンが支える方を浮いたように見せたことがデザインのポイントです。

キッチンの造りは見えない部分までとてもしっかりとしていて、上等な箪笥のようです。IHヒーターの下の引出しは、家具屋さんがこれまで造った中で一番大きいそうですが、精度が良いので引出しの動きは滑らかです。面材のアメリカンチェリーの木目もとてもきれいでした。仕上げのオイル塗装をすると、さらに色が深くなります。

これからモザイクタイルを貼り、設備などを取付けます。完成が待ち遠しいです。

遠山

引出しなども全て一から造っています。贅沢な造りです。

引出しなども全て一から造っています。贅沢な造りです。

引出しの面材は、アメリカンチェリー板目です。きれいな木目が表れています。

引出しの面材は、アメリカンチェリー板目です。きれいな木目が表れています。

設置完了。IHヒーターとホーローシンクを後で取付けし、タイルが貼られます。

設置完了。IHヒーターとホーローシンクを後で取付けし、タイルが貼られます。

キッチンにテーブルがかみ合わさった形にしています。

キッチンにテーブルがかみ合わさった形にしています。