業務内容

 SERVICE(業務内容)

・建築・インテリア・家具・プロダクトに関する提案・設計・工事監理(新築およびリフォーム・リノベーション)

 

ワークフロー(設計の流れ)

1. 設計・デザインのお問い合わせ・ご相談(無料)

メールやお電話等でお気軽にご連絡ください。まずはお会いして、直接お話できればと思います。計画が具体的に決まっていなくても大丈夫です。「どんなことが頼めるの?」「何から始めればいいの?」というようなご相談でもかまいません。
事務所は東京都港区にありますが、遠隔地のお仕事も受け付けております。
遠方の場合は、現地確認を兼ねてお客様のところへお伺いすることがあります。その場合、別途交通費をいただく場合がございます。事務所にお越しいただいた場合の初回ご相談は無料です。

 

2. 事前調査(料金:3万円~ご希望内容による)

建物の敷地には、法律による規制がかかっています。新築や建て替えの場合はどんな建物が建てられるのか、リフォーム・リノベーションや店舗の場合はどこまで変えられるのかを具体的に調査します。必要に応じてその地域の関係各所と打合せや書類のやり取りを行うこともあります。(事前調査料金は、その後設計契約に至った場合は無料です。)

 

3. ご提案(料金:10万円~規模や内容による)

ご要望や現地の状況などの条件をもとに計画案を作成します。図面・模型・パースなどでわかりやすくご提案いたします。(ご提案料金は、その後設計契約に至った場合は無料です。)

 

4. 設計・監理契約(料金:工事費の10%~20%)

案を見てご検討いただき、私達に設計・監理をお任せくださる場合、当事務所と『設計・監理契約』を結んでいただき、本格的に設計が始まります。
設計・監理料は、住宅・ビルの場合は建物工事費の10%~15%(構造設計料を含む場合は12%~)、店舗やインテリアデザインは工事費の10%~20%とお考えいただければと思います。場所や条件に応じてご相談させていただいております。お施主様のご都合により途中で計画を変更する場合や、基本設計のみのご依頼等の設計料については、その都度ご相談となります。

 

5. 基本設計

建物の大きさや形、構造などの大枠を決めていきます。最初のご提案をベースにする場合もあれば、まったく別の案を一から設計する場合もあります(ご要望によります)。この時点で、建物の構造に問題がないかどうかを、私達のパートナーの構造設計事務所が確認・検証します。

 

6. 実施設計

    1. 基本設計で建物の形が決まり、ここから具体的に建物の細かい部分を決めていきます。壁材、床材、屋根材、水回り等の設備、ドアや窓、収納、照明など、使用する材料・設備・色などを私達がご提案し、お施主様に確認していただきます。展開図(室内の各面をまっすぐ見た図)、造作家具図、部分詳細図等も作成しますので、建物の出来上がりがどう見えるか具体的にイメージできるようになります。
    2. 工務店選定、工事見積り
      工事を依頼する工務店に実施設計図面を渡し、見積りを依頼します。工務店は、施工地域やどんな工事をするかによって、私達がおすすめできるところをご提案します。お施主様の希望する工務店を含めて何社かに見積り依頼(相見積もり)をする場合もあります。
    3. 見積り金額調整
      見積り金額がご予算と合わなかった場合、見積り金額の調整を工務店と相談して行います。お施主様とご相談のうえ、設計内容を変更する場合もあります。
    4. 工事契約
      工事金額と設計内容についてご了承いただけましたら、お施主様と工務店とで『工事請負契約』を結んでいただき、工事のスタートです。

 

7. 工事監理

工事がスタートしてから、私達の事務所の担当者が定期的に現場に通い、建物が図面の通りにつくられているか確認します。図面で表現しきれない部分や、予期しなかった問題等を検討・決定することもあり、とても大切な業務です。第三者の立場から、お施主様の代理となって実際の工事をチェックします。