カテゴリー別アーカイブ: BLOG

葛飾区T邸-2(是正工事完了)

本日、是正工事完了の確認をしました。
とても質の高い’職人さん達の工事’と’現場監督さんの工事管理’だったので、設計検査と施主検査の段階で、残工事も是正指摘事項もほとんどありませんでした。
という事で今日は、クリーニングが終わったきれいな家を鑑賞するために現場に行った感覚です。


現場では、この家を建てることを通して見えてくる「デザインと施工の関係」について監督さんと楽しく話しました。
一例をあげると、家には水平であるべきところと垂直であるべきところがあります。障子や戸襖などの建具が気持ちよく動いたり、隙間風を抑えたり、光を調節したりするためには、デザイン上の工夫が必要です。そしてそのデザインを絵空事に終わらせずに現場で実現するためには、一見派手で特殊な技術よりも丁寧な仕事が大切になります。水平と垂直をきちんとつくる事も、その丁寧さを求められる仕事の一つです。


家の水平と垂直をあるべき姿にするために、監督さんは着工してから何度も墨出しを繰り返してきました。物を作る時には、あちらを触るとこちらが動くという事が頻繁に起こります。その度に’そこ’に手を入れて水平と垂直を維持するようにします。大工さんも常に目と手で水平と垂直を追い、監督さんと’そこ’を修正をしていきます。「水平と垂直が多少くるっていても支障がないような’逃げのあるデザイン’にする事も大切」という考え方もあるのですが、監督さんと職人さんがそんな’逃げのあるデザイン’に頼りすぎると、結局は気持ちよく使えない建具になってしまう事が多いように思います。


そういった例も含めて監督さんといろいろと話をして、「何事も基本を大切にしたい」とあらためて思いました。
私が建築家としてこの家の現場監理をしていく中で、他にもいろいろと監督さんや職人さんの知恵をかりながら工夫をした事が多くあります。
この家をつくる過程についてブログに書くことをせずに来ましたが、そういった工夫なども含めて’完成から着工までをさかのぼる形’でまとめていきたいと考えています。

福島

「葛飾区T邸」内覧会のご案内

私達の設計による「葛飾区T邸」が完成します。

お施主様のご厚意により、内覧会を開催する事になりました。
今の技術を駆使しながらも、どこか懐かしい日本建築らしさを感じられる家です。

江戸川が近く朝晩と古寺の鐘の音が届く、そこはかとなく風情が残る地域に敷地はあります。
設計にあたって、そんな地域に似つかわしい佇まいを求められたように思います。
外部は’赤い瓦屋根’と’杉板鎧貼りの外壁’、内部は’漆喰の壁’と’杉柾の敷目天井’と’米松のアラワシ梁’が特長のデザインです。
この機会にご覧頂きたく、ご案内申し上げます。

□内覧会日時
2019年6月15日(土)10時~17時
6月16日(日)10時~17時

見学をご希望の方は、下記メールアドレスまで「内覧会参加希望」とご記入の上お申込み下さい。
mail@studiospacecraft.com
お申込み頂いた方に、詳しいご案内をお送りします。

葛飾区T邸-1(地鎮祭)

先日、葛飾区T邸の地鎮祭を執り行いました。

T邸は、70代のお母さまと40代の息子さんの二人が暮らす住まいです。
はじめてお二人と家づくりの話をしてから一年半ほど経ちます。


葛飾区T邸地鎮祭

お二人ともとても丁寧に詳細にイメージや考えを詰められます。私も丁寧に詳細にイメージや考えを詰めて、一年半にわたって良いと思うものを提案してきました。その甲斐あって、充実した設計になったと感じています。

地鎮祭にはTさんの娘さんもいらっしゃいました。娘さんに「これで福島さんの仕事は完了ですか?」と聞かれたので「まだ仕事は三分の二くらい出来たという感じです。」とお答えしました。設計図を描き終わり確認申請など手続きを完了しても、私の葛飾区T邸の仕事はまだまだ続きます。私がきちんと現場監理をする事でより良い家になるので、竣工まで気を引き締めて取り組もうと思います。

福島

リノベーション住宅事例展賞品

リノベーション住宅事例展にて

「リノベーション住宅事例展」において、三位に入賞しました。

新宿のリビングデザインセンターOZONEで開催されていた「リノベーション住宅事例展」は、盛況のうちに最終日を迎えることとなりました。

OZONEさん主催の懇親会に出席したところ、スタッフさん達による人気投票で三位を頂きました。
42点の出展事例に、OZONEスタッフさん70名が1人4票をもって投票したそうです。
住まいのプロの方たちの投票で三位を頂くことができたのは、とても光栄に思います。
これからの頑張る力にしたいと思います。

かわいらしい手ぬぐいとコンランショップの商品券もいただきました。
コンランショップで息子に何かすてきなものを買おうと思います。

福島

リノベーション住宅事例展に出展しています

「リノベーション住宅事例展」に出展しています。
9月6日(木)から11月6日(火)まで、新宿のリビングデザインセンターOZONEでの開催です。
建築家・工務店・リフォーム会社・不動産会社による42の事例の展示になります。

私たちの展示は松戸市H邸になります。
骨董品や古材を活かした自然素材によるデザインの家です。
欅一枚板をダイニングテーブルとして組み込んだ「モザイクタイル張りのアイランドキッチン」が特徴的です。
パネルや写真集やプレゼンテーション時の資料などをご覧いただけますので、ぜひお越しください。

福島

船橋市Ⅰ邸-1

船橋市Ⅰ邸は建替え計画です。
パーゴラがある中庭を挟んで「平屋のリビング・ダイニング・キッチン」と「二階建ての個室群」が並んで建つ構成になります。
そろそろ実施設計図が完成します。

実施設計図が完成したら、すぐに工務店さんに見積りをお願いする段取りです。
先日「要望が他にないか」「これまでの設計で気になっている点はないか」など、設計の最終確認のための打合せをお施主さんとしました。

模型(中庭の構成)

あれこれと話をしていく中で、「高齢のお母さんの介助の仕方」や「大型犬の飼い方」や「エアコンの見せ方」など、お施主さんと一緒にいくつか見直す事になりました。この打ち合わせにより、よりお施主さんが満足する家になりそうです。
敷地の状況ですが、少し前に既存家屋が解体されて更地になっています。近いうちに地盤調査をする予定です。

更地になった敷地

私にとって、設計は途切れない緊張感をともなう仕事です。おそらく多くの建築家にとってもそうなのだろうと想像しています。絶え間ない緊張感の中で‘特に気を張り詰めるタイミング’というのがいくつかあります。その一つに、お施主さんと工務店さんと建築家が「良い家をつくるという姿勢」や「どのような建築をつくるのかといったビジョンやイメージ」を共有するタイミングがあるように思います。今のI邸の設計はそのタイミングで、これは着工時まで続く感じです。
ここで緊張感を持つことで、出来上がるものの完成度が上がるように思います。

福島

対面キッチンから居間を見たところ

栃木県H邸リフォーム-9

ホームページの作品ページに、栃木県H邸リフォームの写真を掲載しました。

リフォーム後にお施主さんが半年以上すごしたところでの撮影です。
飼われている二匹の猫も元気で、妹猫はすっかり大人になっていました。
撮影中も私たちの後をついてまわり、相変わらず人懐こい妹猫です。

大谷石に囲まれた薪ストーブコーナー

まだまだ仕上げの木や漆喰の質感が新しい印象ですが、時間と共により味のある馴染んだ質感に変わっていくと思います。
自然素材の良さの一つに、経年変化が空間の雰囲気に深みをだすというところが挙げられます。
住むにつれてより良い雰囲気となり、暮らしにも馴染んでいき、より良い家になると思います。

居間の小上がりを見たところ

ぜひ作品ページの写真もご覧いただければと思います。

福島

 

川口市A邸-20(竣工写真)

ホームページの作品ページに、竣工時に撮影した川口市A邸の写真を掲載いたしました。
家が面する桜並木の緑がきれいな写真です。
桜が満開の時期に、ぜひまた撮影したいと考えています。
是非ご覧いただければと思います。

リビングダイニングの障子を開けたところ

リビングダイニングの障子を閉めたところ

越澤

事務所移転のお知らせ

この度2018年7月より、下記の住所へ事務所を移転する事となりました。
また移転に伴い、電話/FAX番号とメールアドレスの変更もございますので、併せてご案内いたします。

  • 所在地:〒161-0032 東京都新宿区中落合2-25-3 ビーコンヒル 101
  • 地図:Google Map
  • TEL/FAX:03-6908-1509
  • E-mail:mail@studiospacecraft.com

今後ともご支援・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

福島慶太
遠山麻子
越澤ふづき

川口市A邸-19(犬と暮らす工夫)

前回に引き続き、A邸のポイントをご紹介します。
今回は犬と暮らす工夫についてです。
A邸には4匹のトイプードル達がいます。
元気いっぱいでとてもかわいいのですが、4匹もいると大変なこともあります。

ワンちゃん達は普段、家の中を自由に歩き回っています。
以前は入ってほしくないところにも出入りしてました。
そこで家を建てるにあたって、ワンちゃん達に入ってほしくない場所に建具をつけました。
最後に使用している様子の動画を貼り付けてありますので、
そちらも是非ご覧ください。

キッチンにはワンちゃん達が興味を持つものがたくさんあります。
いたずらをしないように引き戸をつけました。
開けていると流し台脇の腰壁と一体となり、閉めると壁が引き延ばされたように見えます。
閉めた時に扉は先端のマグネットで固定され、ワンちゃんには簡単に開けられません。

キッチンの引き戸

キッチンの引き戸

A邸には和室がないため、リビング・ダイニングの一角に一畳ほどの仏壇コーナーを設けています。
閉鎖的な空間にならないように、たて格子で緩やかに仕切りました。
その仏壇コーナーには、ワンちゃんがお供え物等を触らないように仕切り壁と同様のたて格子の引き戸をつけました。
ここはデザイン上、キッチンのように腰までの高さではなく、ドアの高さにしています。
目線は遮っても完全に隔てないように、また、お仏壇の和の雰囲気にも寄りそうように、
同じ高さのたて格子がL字に続くデザインとしています。

仏壇コーナーのたて格子引戸

仏壇コーナーのたて格子引戸

来客やお留守番の際に一時的に入ってもらうドッグコーナーも階段下に設けました。
リビング・ダイニングの脇に書斎コーナーを設け、その奥を秘密基地のような空間のドッグコーナーにしています。
十分な広さがあるので、4匹一緒に過ごすことができます。

階段下のドッグコーナー

階段下のドッグコーナー

ワンちゃん達のトイレコーナーは家族のトイレの隣に用意しています。
トイレシートなどがたっぷりしまえる収納の下部に、
ワンちゃんが入れてトイレトレーが置ける広さの空間を設けました。

奥が家族用、その隣が犬用トイレコーナー

奥が家族用、その隣が犬用トイレコーナー

床や壁の材料は、人にもワンちゃんにも優しい自然素材にしています。
床はクリの無垢フローリングで、ワンちゃんも歩きやすいものです。
ワンちゃん達も家族と一緒に快適な生活を送っていただければ良いなあと思います。

越澤