カテゴリー別アーカイブ: BLOG

川口市A邸-12(階段)

階段が入りました。段鼻の細い溝はすべり止めの溝です。
階段下はワンちゃんのスペースになる予定です。

階段の1段目は平面的に斜めに玄関へ面しているため、階段へのアプローチがスムーズになっているように思います。
大工さんの丁寧な施工のお陰で、きれいな階段になりました。

越澤

川口市A邸-11(内部下地工事)

内部の下地がほぼ組みあがり、設備の配線や配管を進めています。
天井高さや間仕切り壁の位置が明確になるので、生活する空間のイメージがより分かりやすくなりました。

IMG_7854(小)

1階の大きな窓のついたリビング・ダイニングは天井を羽目板張りにします。
その天井とほぼ同じ高さでテラスの軒天井にも同じ羽目板を張るため、大きな窓越しに室内と同じ木の天井が外まで続いて見えるデザインです。
心地よく外とのつながりを感じられる空間になりそうです。

1階リビング・ダイニングの窓際

1階リビング・ダイニングの窓際

2階の寝室は1階とは違う素材の板張りの予定です。
南側の部屋の窓からは空が良く見えるので、1階とは違った雰囲気の開放感があります。
北側の部屋の天井には勾配を付けてあり、2.5帖の専用バルコニーまであるので、
北側の暗い印象はなく、少し特別な感じがする空間です。

2階南側の寝室

2階南側の寝室

2階北側の寝室

2階北側の寝室

これから屋根や外壁などの外部工事も進んで行き、その後に足場が外れます。
窓から足場のない外の景色を見るのが待ち遠しいです。

越澤

H邸は追加工事を年明けに残して、年内にいったん引き渡しという形を取りました。いよいよリフォームした家での暮らしがはじまります。お施主さんはさっそくカラマツストーブに火を入れていました。これまでとは違う空間で、楽しい年末年始を過ごしていただきたいと願っています。

カラマツストーブがある土間

カラマツストーブがある土間

玄関から土間に入る入口

玄関から土間に入る入口

大きな対面キッチン

大きな対面キッチン

壁面に設けた大きな本棚

壁面に設けた大きな本棚

一坪くらいの増築部分

一坪くらいの増築部分

福島

川口市A邸-10(金物検査)

金物検査に行ってきました。
私と構造設計事務所の担当者さんと現場監督さんとで全体を見て回り、図面通りに金物が入っているかを確認します。
上棟した時と比べるとずいぶんたくさん構造材が入ったので、部屋の区切りがよりはっきりわかるようになってきています。

柱、梁、筋交が交わる部分に金物が入ります

柱、梁、筋交が交わる部分に金物が入ります

柱、梁、筋交が交わる部分に金物が入ります

柱、梁、筋交が交わる部分に金物が入ります

柱と柱の間に斜めに入っている材は筋交です。筋交は、決められた間隔で立てた柱と上部の梁の間に入れることによって構造を補強し、地震や風圧などで建物が変形しないように耐えるためのものです。
A邸では、部屋の真ん中に柱や壁のない広いリビング・ダイニングをつくるため、筋交の他に構造用合板でも補強して建物を強くしています。

構造用合板が張られた内壁

構造用合板が張られた内壁

また、外壁下地にも地震に強い板材を張っています。
この板材は地震に強いだけでなく、火災やシロアリにも強いとの事です。さらに透湿性があるので壁の中が結露せず、カビが生えにくいそうです。

アルミサッシも取り付けられ、ぐっと家らしくなってきました。
1階には大きな窓があり、1枚が4尺×8尺の大きさです。高い性能のガラスを入れているため1枚がとても重く、大人4人がかりでやっと運び入れたそうです。

2階のバルコニー

2階のバルコニー

バルコニーの床の排水勾配がきれいに施工されていたりと、ところどころに大工さんの丁寧な仕事ぶりが見られ、良い家になりそうで楽しみです。

越澤

 

栃木県H邸リフォーム-7

リフォーム工事がほぼ完了したので、設計監理者として検査を行いました。

図面の通りの材料・寸法でできているか、傷や汚れや不具合などはないか等について、リフォーム範囲全体を確認します。

リビングに面した土間にカラマツストーブが設置されました

リビングに面した土間にカラマツストーブが設置されました

内玄関とリビングの間には縦格子のスクリーンを設けました

内玄関とリビングの間には縦格子のスクリーンを設けました

職人さんたちと工務店の皆様が頑張ってくださったので、とてもきれいな仕上がりでした。手直し工事が必要なチェック項目もほとんどありませんでした。

設計者としてもとても嬉しいことです。

土間部分の掛け込み天井

土間部分の掛け込み天井

床はカラマツ無垢材のフローリング、土間とストーブ周りは栃木県らしい大谷石、家具などはタモで構成された、少し和風で明るい雰囲気の空間です。

タモのオリジナルキッチン

タモのオリジナルキッチン

キッチンは私達が設計して家具屋さんに製作してもらったオリジナルです。長さは3500mmあり、私達が手掛けた中で一番大きなものです。二人で立って作業するのにも余裕の広さです。収納は使いやすい引出をメインにし、一部は棚にしました。写真手前の棚は使用しない時の洗いかごの置き場に、シンク下はゴミ箱スペース、奥の引出し下はビンなどの資源ゴミの一時置き場として考えています。

まだ少し工事が残っていますが、それは年明けに行う予定です。

お施主さんは年末年始のお休みの間に、荷物を少しずつ新たな生活スペースに移動していくそうです。竣工したての何もない部屋に家具や物が置かれていくと、さらに活き活きとした空間になるので、これからどんな雰囲気になっていくか楽しみです。

遠山

 

 

 

栃木県H邸リフォーム-6

H邸の現場の確認に行ってきました。

さて、新たに外部に設置された、これは何でしょう?

木で作られた小さな小屋のようです。

BL_H06-2_ 165md

室内の同じ位置にも、小屋と同じ白い枠がついています。

BL_H06-3_167

アップで見るとこうなっています。

BL_H06-4_ 003md

そこに、ちょうどこの家の同居猫ちゃんが近づいていくところを目撃しました。

BL_H06-5_007

そして、先ほどの小屋から外に出てきました。

そうです、二匹の同居猫たちのための出入口なのです。箱の部分が風除室になっていて、室内の冷暖房効率に影響が出ないようにしています。猫は室内の白い枠をくぐり、箱の中に一度入り、箱についている白い枠をもう一度くぐって外に出ます。

ここがあれば人の留守中に窓やドアが閉まっていても、猫は自由に外と中を行き来できます。乗り台の部分には既にかわいらしい足跡がたくさんついていて、この新しい出入り口を抵抗なく使ってくれているようです。

この子達のために考えた猫の玄関、きちんと役に立っていてひと安心しました。

遠山

川口市A邸-9(上棟-2)

3日間の上棟の一部始終をインターバル撮影しました。
3日を約2分にまとめましたが、作業の様子が良くわかります。
あっという間に上棟するのでなかなか面白いです。

上棟は基本的に4人で作業していましたが、そのうち大工さんは黒い作業着の1人でした。
赤い作業着の大工さん以外は足場を組んだりもする鳶さんです。
クレーンを使って段取り良く作業を進めていました。

越澤

川口市A邸-8(上棟)

川口市A邸が上棟しました。
梁や柱などの構造材を組み上げていき、建物の骨組みが完成した状態です。
建物の大きさがイメージではなく実際に体感できるようになり、
室内の広さも上棟する前に比べてとても広い印象を受けます。

上棟の様子

上棟の様子

上棟した2階の様子

上棟した2階の様子

屋根下地を施工前の小屋組み

屋根下地を施工前の小屋組み

A邸には火打ち梁(斜めにいれて隅角部を固める材)が多く入っているためか、
小屋組みの見た目がシンプル過ぎず、模様のようで楽しそうです。
天井で見えなくなることが少し惜しい気もしますが、
天井には木の板を張る予定なのでもっと素敵な空間になると思います。

2階バルコニー側の屋根の軒先

2階バルコニー側の屋根の軒先

2階バルコニーの様子

2階バルコニーの様子

2階の道路に面したバルコニーからの眺めが思っていた以上に良いもので、ここに立つととても嬉しい気分になってきました。
また、ゆったりした広さがあるうえに屋根もしっかりかかるので、
寛ぎのスペースとしてたくさん使っていただけそうです。

どんどん建物が組み上がっていく様子は見ていてとても面白いです。
現在の時点で既に見た目がかっこいいと感じるので、
仕上げをして完成した時にはきっと素敵なものになっていると思うとワクワクします。

越澤

栃木県H邸リフォーム-5

仕上工事も進んできました。フローリングと大谷石の床を張り終えて、小上りの床も畳を敷ける状態になりました。だんだんと細かい部分も作られています。

猫を抱く建築家の遠山

猫を抱く建築家の遠山

さて、現場には猫が二匹います。お施主さんが飼っている猫が、現場を自由にウロチョロしています。一匹はまだ幼なさが残るとても人懐こい子です。必ず現場に入って来た人の足元にすり寄ります。現場監督さんが言うには、現場のマスコットとして職人さんたちに可愛がられているとのこと。私たちが打合せをしているときも、いつの間にか話の輪の中に入っている感じです。

打合せ中は図面に乗る猫

打合せ中は図面に乗る猫

小上りの文机の仕上がりを確認中

小上りの文机の仕上がりを確認中

毎日の現場パトロールも熱心なものです。自分の家が他人の手でどんどん姿を変えていくわけですから、猫にしたらあちこち気になるのは当然のことだろうと思います。もう一匹の猫は大人のせいか、皆の足元にすり寄ってくることはないのですが、話しかけるとかわいい声で返事をしてくれます。この子は、現場が終わる夕方までは、ほとんど人の目につかないところで寝て過ごしているようです。たまに現場に顔を出すときには、職人さんたちにかわいがられているみたいです。

夕方になると顔を出すお姉さん猫

夕方になると顔を出すお姉さん猫

H邸にはこの猫たちのための場所をいくつかつくります。
小上りのあるリビングダイニングには、天井近くに猫の散歩道をつくりました。造り付けた机やカウンターを踏み台にして、そこに続く猫用の階段を上がった先に散歩道があります。

現場監督と猫階段を降りる猫

現場監督と猫階段を降りる猫

爪とぎ場所を兼ねた猫の登り棒も、猫の散歩道までのルートになります。

猫の登り棒と階段と散歩道

猫の登り棒と階段と散歩道

大きな本棚を壁一面につくる部屋があるのですが、この本棚にも猫の居場所があります。高い位置も本棚として使えるように、本棚の下のほうが階段状になっているのですが、ここは猫が上がって過ごす場所としても考えています。

本棚で過ごす猫

本棚で過ごす猫

猫たちは、家の外と中を自由に行き来しています。猫の出入りにともなって家の冷暖房効率をおとさないように、猫用の出入り口にもちょっとした工夫をしました。
私達が設計したこの空間で、猫たちも楽しく過ごせると良いなあと思います。

福島

川口市A邸-7(基礎完成)

川口市A邸の基礎が完成しました。

IMG_6046(小)

 

IMG_6059(小)

基礎の立ち上がりから突き出ているものはアンカーボルトと言います。
短い方は土台(基礎の立ち上がりの上にのせる材)を基礎に固定するためのものです。
長い方は主に耐力壁(地震に対してふんばる壁)まわりの柱を基礎に固定するためのものです。
これらはコンクリート基礎に埋め込んであり、
建物全体をしっかりと固定するうえでとても重要な部分になります。
事前に構造設計をして数や位置を決め、基礎コンクリートを打設する前に基礎の鉄筋とアンカーボルトをきちんと繋げてあるかどうか確認します。
入れ忘れや入れ間違いのないよう十分に注意します。

基礎ができたら土台を設置し、いよいよ建方です。
柱や梁などの構造材を組み上げていきます。楽しみです。

越澤