タグ別アーカイブ: ヨーロッパ風インテリア

世田谷区K邸リフォーム-8(どのようなデザインにしたのか ③)

リビング・ダイニングと夫婦の寝室を除いた他の部屋においては、カーテンに〈光と色〉の効果をそれほど求めませんでした。もちろんカーテンの吟味はしたのですが、デザインの基調は他の素材に求めています。

玄関ホールのアクセントクロス

ご夫婦の寝室のように、アクセントクロスに〈光と色〉の効果を期待したところもあります。なかでも印象的なのは、リビング前室だと思います。色と柄に特長があるウィリアム・モリス定番の壁紙を、壁一面に使っています。華やかな雰囲気であり、アーチ形やモールディングと相まって、ヨーロッパ風のデザインを印象づける効果もあります。
これらのヨーロッパ風のデザインにも〈その空間らしさ〉が感じられるのではないかと思います。

リビングから見た前室のアクセントクロス

〈木の質感〉は、くつろいだ雰囲気が相応しい寝室のデザインに活かせるのではないかと考えました。寝室にはご夫婦用とお母様用とがあります。

夫婦の寝室の羽目板天井と格子

床はナラの無垢フローリングです。リビング・ダイニングの床に使ったウォールナットと比べると、少し気軽な印象だと思います。
天井はナラの羽目板として、色と質感を床にそろえました。羽目板を使うと、木の雰囲気をより感じられるようになると思います。
部屋を緩やかに仕切るツガの格子も設けました。木の印象を強くすると共に、空間に独特の奥行きを感じさせる効果もあると思います。

夫婦の寝室の入口

いずれの木もクリアオイル仕上げにしました。落ち着いた雰囲気のすごしやすい寝室に出来たように思います。

福島

世田谷区K邸リフォーム-7(どのようなデザインにしたのか ②)

インテリアデザインをするにあたっては、インテリアコーディネートを前提としています。とは言え、家具や照明器具などが変わっても〈その空間らしさ〉を感じられるようにしたいという想いもあります。長く我が家に愛着を持つ上で、それがとても大切なことに思えるからです。
あまり間取りを替えないリフォームであるがゆえに、空間構成や造形には〈既存の家らしさ〉が保たれます。新たなライフスタイルに相応しい〈その空間らしさ〉をデザインするには、造形などよりも〈光と色〉や〈木の質感〉を拠り所にするのが良いと考えました。

リビング・ダイニングのカーテン

カーテンへのこだわりをうかがってから、いつもよりカーテンの光をイメージするようになりました。ドレープカーテンが光を反射して色をつくる、レースカーテンが光を透かして色をつくる、天井から床までの開口部いっぱいに流れるように柔らかい布がさがっている、そんなイメージです。
いろいろな条件を踏まえて、こういったカーテンの〈光と色〉をリビング・ダイニングのデザインに活かす事としました。ショールームで実際にカーテンを見ていると、よりイメージが湧いてきます。最終的には〈水色〉のドレープカーテンと〈藍色〉のレースカーテンを選ぶことになりました。カーテンがつくる青みがかった光を美しく魅せるために、壁と天井は白い左官仕上げにしました。

夫婦の寝室のカーテン

ショールームには素敵なカーテンが並んでいます。娘さんが一目惚れしたレースカーテンを、ご夫婦の寝室に入れる事になりました。焦げ茶色と白色のグラデーションが美しいレースカーテンです。寝室に相応しく光を抑える質感となっています。ドレープカーテンはアクセントクロスの色として考えていた〈浅紫色〉に合わせました。アクセントクロスと共に沈んだ色の光を反射して、落ち着いた雰囲気をつくります。

福島

世田谷区K邸リフォーム-6(どのようなデザインにしたのか ①)

「どのような雰囲気の家にしたいですか?」と伺ったところ、「ヨーロッパ風のインテリアデザインが好み」「色がきれいな部屋にしたい」「硬い印象は避けたい」ということでした。印象的だったのはカーテンのお話です。質の良いカーテンにしたいと仰っていて、特にスイスのファブリックブランドであるフィスバさんのカーテンを希望されていました。デザインを検討しはじめると、ここに基調があると感じるようになります。
家具についてもイメージを持っていらっしゃいます。であれば、インテリアコーディネートを前提としてデザインすることが、好ましい雰囲気にする上では大切なはずです。そこで、私からインテリアコーディネートも提案させて頂きました。

夫婦の寝室のモールディング

ことさらヨーロッパ風にしたいとなれば、どこかにそれらしきモチーフが少しあると効果的に思えます。そこで、造り付け家具の扉にはモールディングを入れるようにしました。
やりすぎないように配慮が必要です。例えばリビング・ダイニングにモールディング入りの腰壁を設けると、よりヨーロッパ風が強調されるかもしれません。しかしながら、既存の空間には合わないと判断をしました。そもそも既存の空間の骨格が日本的であるためです。ヨーロッパの住宅と同じデザインをするのではなく、どこまでヨーロッパ風のテイストを入れるのかという感覚かもしれません。

アーチとアクセント壁

リビング・ダイニングと前室を仕切る壁の開口は、アーチ形にしました。これによって、さらにヨーロッパ風を楽しめるインテリアデザインになったと思います。どのようなアーチ形が良いかと考えたのですが、ここでも既存の空間の骨格が日本的であることが影響してきます。半円アーチ形にするとヨーロッパ風になるとは思うのですが、十分な開口をつくるには天井高さが足りません。そのため、低めの天井であっても大きめの開口をつくれる三心アーチ形としました。

福島