タグ別アーカイブ: 広いバルコニー

船橋市Ⅰ邸-1

船橋市Ⅰ邸は建替え計画です。
パーゴラがある中庭を挟んで「平屋のリビング・ダイニング・キッチン」と「二階建ての個室群」が並んで建つ構成になります。
そろそろ実施設計図が完成します。

実施設計図が完成したら、すぐに工務店さんに見積りをお願いする段取りです。
先日「要望が他にないか」「これまでの設計で気になっている点はないか」など、設計の最終確認のための打合せをお施主さんとしました。

模型(中庭の構成)

あれこれと話をしていく中で、「高齢のお母さんの介助の仕方」や「大型犬の飼い方」や「エアコンの見せ方」など、お施主さんと一緒にいくつか見直す事になりました。この打ち合わせにより、よりお施主さんが満足する家になりそうです。
敷地の状況ですが、少し前に既存家屋が解体されて更地になっています。近いうちに地盤調査をする予定です。

更地になった敷地

私にとって、設計は途切れない緊張感をともなう仕事です。おそらく多くの建築家にとってもそうなのだろうと想像しています。絶え間ない緊張感の中で‘特に気を張り詰めるタイミング’というのがいくつかあります。その一つに、お施主さんと工務店さんと建築家が「良い家をつくるという姿勢」や「どのような建築をつくるのかといったビジョンやイメージ」を共有するタイミングがあるように思います。今のI邸の設計はそのタイミングで、これは着工時まで続く感じです。
ここで緊張感を持つことで、出来上がるものの完成度が上がるように思います。

福島