タグ別アーカイブ: 越澤

K邸リフォーム進行中です-9

奥のブラケット照明はお施主様の持ち物です。

奥のブラケット照明はお施主様の持ち物です。

内部工事が完成したので、壁や建具に傷などがないかの確認や設備の点検をしました。
具体的には、仕上げの完成度を見ながらスイッチや照明などが決められた通りにきちんと作動するか、トイレの水の流れや水道の出は良いかなどのチェックをします。
一通り内装を確認しながら、とても魅力的な空間が出来たのではないかと思いました。
あとは外構工事を残すのみとなります。

今回のリフォームは年季の入った家のリフォームだった為、軸組を残しての工事は難しい箇所がたくさんありましたが、大工さん達の頑張りもあり、無事にしっかりとした良い家が出来ました。
長年家を支えてきた柱や梁などの軸組は、ゆがんでいたり部分的に腐っていたりと補修が大変な事が多いです。特に柱が大きく傾いているところはなかなかの難しさです。
ゆがみの調整や補強をして、新しいものとの間に生じるズレ等の問題をクリアにしていく必要があります。
また、もとのしつらえをそのまま残すデザインを実現するのも苦労が多い仕事です。
デザインについてはもちろんですが、新しいものと古いものとの境目は、工事が進んでいく中で何度も現場で話し合いをして決めていきます。

私事ですが、K邸リフォームの担当をさせて頂いた事は良い経験であり、とても勉強になりました。
大変な工事だったからこそ、たくさんの人の力が合わさって、ようやく一つの家が出来上がる事を改めて感じました。

越澤

もとのしつらえを残し、新しい空間をつくります。

もとのしつらえを残し、新しい空間をつくります。

K邸リフォーム進行中です-8

既存の欄間を移設して利用しました。

既存の欄間を移設して利用しました。

既存の家にあった材料の移設をしました。
お施主様のご希望もあって、内装にはリフォーム前の家に使われていた部材を多く使用しています。
もともとあったしつらえをそのまま残している箇所もあります。
新しいものと古いものを一緒に使う事で、少し不思議な雰囲気の素敵な空間が出来ている気がします。

K邸のリフォーム工事はビニルクロス張りなどの仕上げ工事が終わり、
残すは外構工事と照明や設備器具の取付工事です。もうすぐ完成です!

越澤

ビニルクロス張りが終わり、完成間近です。

ビニルクロス張りが終わり、完成間近です。

K邸リフォーム進行中です-7

K邸リフォーム写真-9

もともとあった欄間の下部に新しい縦格子戸が加わり、不思議な空間をつくり出しています。

ゴールデンウイークが明け、現場に製作建具が入りました。
建具は部屋の雰囲気に大きく影響する為、
材料や色、寸法などを一から検討していく事が重要だと考えています。

K邸の場合、縦格子戸や障子などを一からデザインしました。
製作建具が入ることにより、部屋の雰囲気がぐっと完成形に近づきました。

越澤

K邸リフォーム写真-10

天袋と障子はこれから塗装され、カウンターや枠と同じ色になります。

K邸リフォーム進行中です-6

K邸リフォーム写真-7

外壁工事が終わり、足場がもうすぐ外れます。
やっと外からの全体像が見られるようになるので、ちょっと楽しみです。

K邸リフォーム写真-8

内装工事も下地は大体出来てきました。
内装は既存のインテリアを所々活かして進めています。

一つの家が出来上がる事にワクワクする反面、
だんだんこの現場が終わりに近づいている事を感じ、少しさみしくなります。

越澤

K邸リフォーム進行中です-5

K邸リフォーム写真-6

壁や天井の下地に石こうボードを着々とはっています。
写真で黄色く見えているものが石こうボードで、他の部分はまだ下地と断熱材が見えている状態です。
石こうボードの上に壁紙をはっていきます。

床は既にフローリングがはってありますが、今は見えません。
工事中に汚したり、傷つけたりする事のないようにしっかり養生してあります。

床、壁、天井の骨組みが隠れると、一部屋一部屋がはっきりしてくるので、
一つの家が完成するという事を現場へ行くたび改めて実感します。

 越澤

K邸リフォーム進行中です-4

K邸リフォーム写真-5

床や天井の下地、サッシ、透湿防水シートがつきました。
床の下地は合板です。
合板の裏には、厚さ55mmのポリスチレンフォーム断熱材が敷き並べてあります。
この合板の上に、これからフローリングをはります。
透湿防水シートとサッシが施工されて建物の中が雨でぬれなくなったので、これから内部の下地工事も仕上工事もどんどん進んでいきます。
コンクリートの基礎が見えなくなり、サッシがつくと、もうどことなく部屋らしくなってきた気がします。

越澤

K邸リフォーム進行中です-3

K邸リフォーム写真-4

軸組の補強がほぼ終わりました。
軸組とは柱や梁、筋交(写真で斜めに入っているもの)などで構成される骨組みの事です。
それらを構造的に弱い部分に新しく追加したり補強したりします。
年季の入った既存の軸組と新しく追加したものの色の差が激しいので、どこが補強されたか一目瞭然ですね。
たくさん補強がされ、しっかりとした建物になってきている事が良く分かります。
越澤

K邸リフォーム進行中です-2

 K邸リフォーム写真-2K邸リフォーム写真-3

一枚目がビフォー、二枚目がアフターです。

既存の基礎が布基礎だったのを、ベタ基礎にしました。

布基礎というのは土台の下だけにつくる基礎のことで、土台の下以外は土が見えるような作りです。

床下全体を土が見えなくなるようにコンクリートスラブでおおって、ベタ基礎にしました。

もともとあった基礎の立ち上がりにそわせて、新しく基礎の立ち上がりも作りました。

地震に強い建物にするためには、基礎をしっかりしたものにする事も大切です。

既存の基礎の状態があまり良くなかったので大変でしたが、工夫をしたり手間をかけたりする事で、良い基礎になりました!

越澤

K邸リフォーム進行中です

木造住宅フルリフォームの現場打合せです。

既存部分の解体がほぼ終わりました。

これまでに何度か増築をしていたらしいので、基礎の状態があまり良くなく、しっかりとした補強をしなければなりません。

こういうリフォームは、現場を見ながら少しずつ丁寧に解決していくしかないです。

現場監督さんと忍耐強く頑張ります。

越澤

K邸リフォーム写真-1