タグ別アーカイブ: ウッドデッキ

葛飾区K邸-1(竣工)

葛飾区K邸が竣工しました。
狭小二世帯住宅です。敷地周辺には畑やお寺などの緑地が点在していて、のんびりとした雰囲気が少しだけ残っています。

周辺環境を活かそうとした点と、先々の介護や相続に配慮をした点が、この家のあり方を決めたのではないかと考えています。

正面

前面道路から敷地を見ると、切妻屋根の細長い平屋が二つ並んで建っています。控えめな印象の佇まいになったと思います。家づくりの打合せをはじめた頃に、お施主さんに慎ましやかな印象を受けました。敷地周辺を見まわして、主張が強めのデザインは似つかわしくないと感じもしました。そういった経緯もあり、この家には抑え気味のデザインが相応しいという考えに至ります。

それぞれの棟に、高齢のお母さんと娘さんの一人暮らし世帯が入ります。二棟の間に‘アプローチ’と‘二世帯共有玄関’と‘テラス’が挟まれるような配置です。

アプローチ

玄関

テラス

外部から内部に至るまで、バリアフリーとしています。玄関前に段差をつくらないために‘アプローチ’を全面的に‘スロープ’としたところは、この家の特徴の一つです。‘アプローチ’を登ると‘二世帯共有玄関’になります。家に入る前から、この玄関の‘ガラスの引き違い戸’越しに裏の緑地が見えます。隣接する緑地を風景として取り込んでいるところも、家の特徴の一つです。

キッチンやダイニングからは、窓越しにのんびりとした風景を眺められます。この窓は景色を絵のように切り取る‘ピクチャーウィンドウ’としてデザインしました。

ピクチャーウィンドウ

ダイニングの‘天井までとどく障子’を開けると、三方向を壁に囲まれながら一方向を緑地に開いた‘テラス’に出ます。テラスの床はウッドデッキです。椅子に腰かけて‘テラス’で過ごすのも気持ちが良いと思います。

ダイニング

この‘テラス’を挟んで、母娘はお互いの様子を知ることも出来ます。高齢者が住む二世帯住宅において、世帯同士がこういった距離感で暮らす良さもあると考えました。

テラスからの眺め

敷地を中央から二分するようにして、世帯ごとに棟を分けた計画です。このような構成とした背景の一つに、相続に対する配慮があります。お施主さんの一人であるお母さんには、二人の娘さんがいらっしゃいます。もう一人のお施主さんと、その妹さんにあたる方です。この先で二人の娘さんが相続する事も考えて、売却や賃貸なども視野に入れて、様々な形で‘この先の選択肢’を増やす事を考えました。例えば、娘さんそれぞれが敷地ごと建物を一棟ずつ相続した上で「それぞれに住む」「妹さんが一棟を売却する」「妹さんが一棟を賃貸にする」等々。

今回の記事につかった写真は、私が記録用に撮影したものです。
暖かい季節になったら、カメラマンさんに写真を撮影してもらう予定です。それらの写真を用いながら、あらためて詳細について書くことが出来ればと考えています。

福島

船橋市Ⅰ邸-1

船橋市Ⅰ邸は建替え計画です。
パーゴラがある中庭を挟んで「平屋のリビング・ダイニング・キッチン」と「二階建ての個室群」が並んで建つ構成になります。
そろそろ実施設計図が完成します。

実施設計図が完成したら、すぐに工務店さんに見積りをお願いする段取りです。
先日「要望が他にないか」「これまでの設計で気になっている点はないか」など、設計の最終確認のための打合せをお施主さんとしました。

模型(中庭の構成)

あれこれと話をしていく中で、「高齢のお母さんの介助の仕方」や「大型犬の飼い方」や「エアコンの見せ方」など、お施主さんと一緒にいくつか見直す事になりました。この打ち合わせにより、よりお施主さんが満足する家になりそうです。
敷地の状況ですが、少し前に既存家屋が解体されて更地になっています。近いうちに地盤調査をする予定です。

更地になった敷地

私にとって、設計は途切れない緊張感をともなう仕事です。おそらく多くの建築家にとってもそうなのだろうと想像しています。絶え間ない緊張感の中で‘特に気を張り詰めるタイミング’というのがいくつかあります。その一つに、お施主さんと工務店さんと建築家が「良い家をつくるという姿勢」や「どのような建築をつくるのかといったビジョンやイメージ」を共有するタイミングがあるように思います。今のI邸の設計はそのタイミングで、これは着工時まで続く感じです。
ここで緊張感を持つことで、出来上がるものの完成度が上がるように思います。

福島

川口市A邸-17(引き渡し)

川口市A邸が完成し、引き渡しが無事に終わりました。
工事が終わった後、傷や汚れがないか・建具や設備は正常に動くかなどを
お施主様と共に確認をし、引き渡しとなります。
職人さんや工務店の方々のお陰で、とてもきれいな仕上がりでした。

お施主様は「優しい印象の美しい家になりましたね」と仰ってくださいました。
素敵なお施主様に巡り合えて、感謝の気持ちでいっぱいです。
この家で気持ち良く暮らしていただければ良いなあと思っています。

黒い鎖樋や階段手摺がアクセントの外観

黒い鎖樋や階段手摺がアクセントの外観

斜めに落ちる袖壁は隣地との視線を遮る

斜めに落ちる袖壁は隣地との視線を遮る

屋外とも緩やかにつながるリビング・ダイニング

屋外とも緩やかにつながるリビング・ダイニング

室内に差し込む日が木の陰を壁に映し出す

室内に差し込む日が木の陰を壁に映し出す

障子や間仕切り戸を閉めると落ち着いた雰囲気に

障子や間仕切り戸を閉めると落ち着いた雰囲気に

キッチン奥の窓からもきれいな緑が見える

キッチン奥の窓からもきれいな緑が見える

しばらくしたら工事完了直後の竣工写真をホームページに掲載しますので、
よろしければ是非ご覧ください。

越澤

川口市A邸-2(打ち合わせ)

川口市A邸は、木造2階建てでワンちゃんがたくさんいるお家です。
今日は午前にお施主様と、午後には構造事務所と打ち合わせでした。

これまでお施主様とは何度も打ち合わせを重ね、たくさん検討し、
お施主様にとってより使いやすくて居心地の良いプランになってきました。
良い感じにまとまってきたので、これからどんどん詳細部分の設計を進めます。
細かい使い勝手などを決めていくので、新しい家での生活のイメージが湧いてきて、
できあがりがもっと楽しみになってくるのではないかと思います。

IMG_2615_2(小)

越澤

 

H邸リフォーム現場追記-1(ウッドデッキ階段)

松戸市H邸リフォームは引渡しがすみ、内覧会も無事終わりましたが、ブログに書ききれなかった工事中のことをいくつか振り返って書いてみたいと思います。

ウッドデッキの階段製作中のお話です。

階段を造っているところ

階段を造っているところ

ウッドデッキは庭のコンクリート床部分から約51cm高くなっており、庭から昇り降りしやすいように3段の階段を付けます。

当初の予定では高さ60cmだったのですが、解体してみてわかった既存の排水桝や配管との関係でコンクリート床面が予定より高くなってしまい、高さは51cmとなりました。リフォームの場合、このように現場で寸法などが変わってしまうことが多くあります。

そのため階段の納まりも、現場でウッドデッキ下部の部材寸法を見ながら、大工さんと相談して進めました。

最初の案のスケッチ。これだと少し段板の支え方が不安定に思えました。金物も多く必要になってしまいます。

最初の案のスケッチ。これだと少し段板の支え方が不安定に思えました。金物も多く必要になってしまいます。

最終的にはこのスケッチを元に、大工さんに造ってもらいました。

最終的にはこのスケッチを元に、大工さんに造ってもらいました。

 

こちらが完成した階段です。

一段目が地面と近いため支え方に悩みましたが、なかなか納まり良く出来ました。

裏からみたところ

裏からみたところ

完成した階段

完成した階段

スケッチと少し変えて大工さんが工夫してくれた部分、一段目の支えと二段目の支えが接しているので、構造的にしっかりと段板の荷重を支えてくれます。

ウッドデッキの階段は多種多様な形状がありますが、これはちょっと独特な、他にはない格好良いものになったと思います。

遠山

 

 

K邸リフォーム進行中です-10

K邸リフォーム写真-15

外構工事が終わり、引渡しが完了しました。
外構は部分的にコンクリートを打ち、ウッドデッキを設けています。ぐっと良い雰囲気になりました。

ウッドデッキには、腐りにくい処理を施した杉材を使用しています。
また、床下にはコンクリートを打ってあるため、地面からの湿気はおさえられています。(床下が土の場合、湿気がとても多く、木材が腐りやすくなります。)
さらに、通気性の良い組み方にしているので、とても耐久性が高いウッドデッキになっています。
ウッドデッキがすぐに痛むようでは、庭先が全く使われない雰囲気が悪い空間になってしまいます。 外構も、綺麗な状態で長持ちするものとして計画する事が大切です。

内装と同じように、外構にも踏み石や水栓の受け皿など、もともとあったものを利用しています。
また、庭の半分ほどは元のままなので、昔の家を大切に思っていらっしゃるお施主様にとって、
居心地の良い貴重な空間になったのではないかと思います。

越澤